セットの注意

認印印鑑通販サイトでも、印鑑のセットはいろいろとあります。セットにすると、サイズもある程度そろえられるようになるでしょう。一般的に、実印が最も印材が太く、銀行印、認印の順で細くしていきます。細くする意味としては、区別をしやすくする意味がある程度しかありませんが、間違って使うことは防げるようになるでしょう。

セットにすれば、同じ印材でそろえられますが、太さの違いも自動的につけていくため、こうした区別ができるようになります。その分便利ですが、注意しておかなければいけないことも忘れてはいけません。それがセットになっていることです。

セットになっているのは大変便利でしょう。1つのケースに複数の印鑑が収められているからです。企業であれば、常に同じところに保管するため、あまり心配はいりません。ですが、個人で使う場合には、すべて同じところにありますが、使用頻度が全く異なります。普段出しやすいところに認印があるのはメリットですが、実印としてはあまりメリットがありません。うまく活用を考えてもリスクが出てくることも考えておくべきです。そこで、実印と銀行をセットにして、認印は別にしてしまう方法も考慮するべきでしょう。次回は贈り物として印鑑のセットを購入することについて紹介していきます。